2016年08月29日

青年王は上から下

 ローダー王が笑った。「まったくきみはたいしたお嬢さんだよ」かれは愛情深げに言った。
「だがときどき不遠慮に口をすべらせることがあるな」

「あの人たちはいったい誰なの」ボー?ミンブルの門から出てきた男女に向かって馬を走らせるマンドラレンの後ろ姿を興味深げに眺めていたセ?ネドラがたずねたDerma 21 Medical 擁有專業既療程,唔會自己係屋企整到暗瘡紅腫和感染既情況發生。無論是家人或是我D朋友,都睇到我皮膚有改善,特別是過了數日後,暗瘡印幾乎已經完全看不見。這是一次滿意既體驗,分享左俾大家,原來Derma 21 Medical真係唔係黑店
「あれはボー?エボール男爵ですよ」ダーニクは静かな声で言った。「そしてあのご婦人は奥方のネリーナ男爵夫人です。マンドラレンはあの方を愛しているのですよ」
「何ですって」
「いや、別に不道徳でも何でもありません」かれは慌てて言った。「最初のうちはわたしにも理解できませんでしたが、どうやらアレンディアではこの種のことがざらに起こるらしいのです。むろん悲劇には違いありません。あの三人はひどく苦しんでいるはずです」善良な男はため息をついた。
「何てことでしょう」セ?ネドラは唇をかんだ。「わたし、全然知らなかったわ――なのにずいぶんひどいことをしてきたのね」
「むろんかれは許してくれますとも」ダーニクが彼女に言った。「あの男はたいそう寛大な心の持ち主ですからね」
 しばらくしてから、マンドラレンと二十人ばかりの鎧姿の騎士にともなわれたコロダリン王が姿をあらわした。セ?ネドラはすでにこの若き王に数年前に会っており、そのときは青白く痩せぎすな声の美しい青年という印象を受けていた。こうしてまのあたりに見るまでを完全に鎧で固め、深紅の外衣をはおっていた。かれはセ?ネドラに近づきながら兜の面頬を上げた。「妃殿下」かれは重々しい声で挨拶した。「われわれ一同、殿下のおなりを心からお待ちいたしておりました」
「ご親切にありがとうございます、陛下」セ?ネドラも挨拶を返した。
「われわれは皆アストゥリアの同胞たちを召集なさったことに深い驚嘆の念を抱いております」王は言った。「あなたさまのこ演説は、かれらの積年の反目を忘れさせるほど素晴らしいものであるとか」
「コロダリン王よ、あまり時間がないのだ」ローダー王が口をはさんだ。「妃殿下はきみの騎士たちの前で演説をしたいとおっしゃっている――むろんきみの許可あってのことだが。いったんその演説を聞きさえすれば、彼女がいかにわれわれの呼びかけにとって必要な人物なのかきみにもわかるはずだ」
「ただちに、おっしゃるとおりにいたします」コロダリンは、さっそく部下に命令を下した。
「ミンブルのすべての騎士並びに兵士たちに、リヴァの女王より重大な発表があると伝えよ」  


Posted by carrie5566 at 11:46Comments(0)

2016年08月15日

ちゃんと話して

だがこの春浅い日々、かれはさまざまなことがらに注意を奪われていた。ちぎれたマントの男をかれ自身で探すことは不可能なので、
かれはレルドリンに調査を依頼せざるを得なかった。だがそのレルドリンも常に当てになるとはかぎらず、暗殺容疑者の捜索という仕事は血の気の多いアストゥリアの若者の想像力にすっかり火を注ぐ結果になっていた。若者はこそこそと疑わしげな目つきで〈要塞〉を忍び歩いては、何の収穫もなかったことを陰謀めかして耳打ちするのだった。レルドリンに打ち明けたのは恐らく失敗だったのかもしれないが、他に頼れる人物がいなかった。もしこれを他の友人たちに打ち明けようものなら、かれらは一様に驚きの悲鳴をあげずにはいられないだろう。そうなったらすべてが表沙汰になってしまう。かれは何としてもそれだけは避けたかった。誰が何の目的で短剣を投げたのかがわかるまで、かれは暗殺者に対する処遇を決めることができなかった。恐らくは単なる私怨以上の理由があるとも考えられる。レルドリンなら口の固さにおいては絶対に信用ができるのだ。もっとも〈要塞〉中の追跡の許可を与えられた若者が、職務を逸脱する危険が多少あることは否めないが。レルドリンの手にかかるとほんのささいなできごとでもたちまち大災害を引き起こしてしまうので、ガリオンはいつの日か暗闇から友人の無防備な首に別の短剣が投げつけられるのではないかと本気で心配せざるを得なかった。
 婚約の儀式を祝うために島を訪れた来賓のなかには、ザンサ女王の代理として参列するセ?ネドラのいとこのゼラがいた。はじめは内気だったドリュアドの乙女も、自分が若い貴族たちの関心のまとになっていることを知ったとたん恥じらいを捨てた。
 ザンサ女王からの結婚の贈り物は、ガリオンの目にはいささか奇妙にうつった。ゼラの手から渡されたのは、一見何のへんてつもない葉に包んだ、芽を出しかけた二個の木の実だった。だがセ?ネドラはこの贈り物をひどく喜んだ。彼女はただちに二個の木の実を土に埋めるのだといって聞かず、私室に隣接する小さな彼女の庭園に走っていった。
「なかなかすてきな贈り物だね」じめじめした黒土にひざをついて、ザンサ女王の贈り物を埋めるための穴をせっせと掘る小さな王女を見守りながらガリオンは疑わしそうに言った。
 セ?ネドラはきっとかれを見上げた。「失礼ですが陛下にこの贈り物の意味がおわかりになるとは思いませんわ」彼女はガリオンをなじるときの、あのわざとらしく丁寧な言葉遣いをした。
「やめてくれ」ガリオンは不機嫌な声で言った。「陛下なんて呼びかたじゃなく、ぼくにはまだちゃんとした名前があるんだからね。きみがそれを忘れるはずがない」
「陛下がどうしてもとおっしゃるのなら」彼女はつんとして言った。
「国王の名において命じる。ところで、こんな木の実が何でそんなに大事なものなんだい」
 彼女は哀れむようなまなざしでかれを見た。「話したってどうせあなたにはわかりはしないわよ」
「きみがくれなければわからないよ  


Posted by carrie5566 at 10:36Comments(0)
QRコード
QRCODE
インフォメーション

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
carrie5566
carrie5566